珈琲

コーヒーメーカー【珈琲王】

K-shipマスターのブログでもお知らせしていますが、コーヒーメーカーの新革命とでもいうべき商品の取り扱いを始めました

その名も 『珈琲王』

名前からして凄そうです
K-shipマスターにどんなふうにすごいのか聞いてみて…
「それ。おうちに欲しいね」
と、思わず言ってしまいました
ハンドドリップのおいしさを追求したそうで、蒸らし時間は抽出カップ数に応じて変えているとか。自分の手でハンドドリップする楽しみやおいしさはありますが、面倒くさいときってありますよね。そんなとき、お手軽においしく入れられたら、それはもう嬉しい話ですよね。これはもう、買い、です(笑)

実はこのコーヒーメーカー、まだ発売して間がなく、どこでも取り扱っているというわけではないのです。基本的には珈琲専門店や大手デパートのみの取り扱いとなっているそうです。
もちろん当店は紛れもなく珈琲専門店ですので、ちゃーんと取り扱っております。
詳しくはお気軽にお問い合わせくださいね

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

店内

山口クロス

やっと秋らしくなってきましたね
秋といえば読書。そして、おともに珈琲がおすすめです

ということで、本棚の看板娘コーナーを入れ替えてみました。右から…
20121025
 ・夜のミッキーマウス(谷川俊太郎 著)
 ・汚れちまった道(内田康夫 著)
 ・萩殺人事件(内田康夫 著)

 ・続 あなたも詩人(黒井健 絵)
 ・刑事ぶたぶた(矢崎存美 著)
 ・ぶたぶたの休日(矢崎存美 著)
 ・ぶたぶた(矢崎存美 著)
 ・日本最初の珈琲店

おすすめは赤文字になった2冊。浅見光彦好きなら絶対読むべき本です!
『山口クロス』
と銘打たれた2冊の本は、光文社・祥伝社の2社から別々に出版されているにも係わらず、話の内容が互いに干渉しあい「クロス」した本。山口県を舞台に「汚れちまった道」は浅見光彦が、「萩殺人事件」は浅見光彦の友人・松田が主人公となり、中原中也の詩を散りばめながらそれぞれの事件が複雑に絡み合い、互いに違った結末を見せます。浅見光彦シリーズは知らなくてもミステリー好きならぜひ読むべきの本です。
ちなみに、何を隠そう私は『浅見光彦倶楽部』の会員でして、この本もクラブを通して特典付きで手に入れました。やっと一通り読めましたので、次は違う順番で読もうと意気込んでおります
本棚にない場合は私が読んでいる可能性もありますので、一言、声をかけてくださいませ(笑)

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

お知らせ

当店が出来上がるまでの様子が小冊子に!

先日、当店の設計・施工をしてくださったKデザイン研究室様が、当店が出来上がるまでの工事の様子を一冊の本にして届けてくださいました。

20121020

最初の相談の時にこういう冊子を作ってくださることや、店内の様子を撮影に来られたりしたので、冊子のことは十分知っていたのですが、改めて手にしてK-shipマスターと感動しきり

「すごい!豆の写真!」
「最初はこんなだったっけ」
「夜はいい感じやねぇ」
「めっちゃ、かっこいい!」
などなど。。。

まだオープンして3ヶ月を過ぎたくらいですが、早くも感慨にふけっております。
店内に置いておりますので、ご興味のある方はぜひご覧になってくださいね



最後にお知らせ。
Kデザイン研究室様が10/27(土)と28(日)にリフォーム&新築相談会をウッドワンプラザ高松にて開催されるそうです。相談料は無料ですので、この際、いろんな質問をしてみてはいかがですか?

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

店内

観葉植物をいただきました

私が以前お世話になった職場のK課長から観葉植物を頂きました。ありがとうございます
グリーンはうちの店によくあいます

20121015


ゴルフの帰りにわざわざ寄ってくださったそうです。
3年ぶりくらいになるでしょうか。随分とお痩せになっておられたのでちょっとびっくりしました。体の方は大丈夫なのか心配しましたが、ダイエットしたとのこと。ちょっと安心しました
とはいえ、今後もお好きなゴルフを続けるためにも、お体をいたわってくださいね

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース
ジャンル : ニュース

珈琲

秋祭りとアイス珈琲

この連休中、いたるところから秋祭りのお囃子の音が聞こえてきます。先日の土曜日は、近くの病院に来ていた獅子を、K-shipマスターと一緒に店の外に出て見ていました。

それにしても、暦ではすっかり秋ですが、日中はまだまだ夏日(25度以上)が続いており暑いですね。夏真っ盛りの頃よりも減りましたが、当店ではいまだにアイス珈琲を注文されるお客様もいらっしゃいます。
さすがに10月なのでアイス珈琲を仕込んではおらず、注文を受けてからお入れすることになります。ちょっとお時間はいただくのですが、その都度お入れするのでおいしいのです。今だからこその贅沢かもしれません

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

プロフィール

COFFEE ROASTER K-ship

Author:COFFEE ROASTER K-ship
【COFFEE ROASTER K-ship】のお知らせ用ブログです。

最新トラックバック


メルマガ購読・解除